Name
IEDA Osamu
氏 名
家田 修
所 属

スラブ研究センター
職 名

教授 
学 位

経済学博士
現在の専門

東欧経済史、ハンガリー近・現代史
年別業績


2015年度
2014年度

2013年度
2012年度
2011年 
2010年
2008年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
 ●2001年
2000年
1999年
1998年
1997年
1996年

2015年業績
2.その他業績(論文形式)
  (5)その他 ▼「東欧スラブ地域から災害復興のレジリエンスを考える」(セルヒー・チョ ーリーとの共著)、西・川喜田編『歴史としてのレジリエンス』京都大学出版会2016年、301-341頁。
▼‘What do the national censuses of 2001 and 2011 say about ethnic minorities? An introduction to a study on the Slovaks in Hungary’ in Transboundary Symbiosis over the Danube: Road to a Multidimensional Ethnic symbiosis in the Mid-Danube Region, Slavic Eurasian Studies No.29, 2015, SRC, Hokkaido University, pp.91-111 ▼Catastrophe and reconstruction from a regional and humanitarian perspective: Chernobyl, Ajka, and Fukushima, Ch.Baker et.al. ed.,In the light of History, Bangkok, 2015, pp.175-196.
3.著書

 ▼Transboundary Symbiosis over the Danube: Road to a Multidimensional Ethnic symbiosis in the Mid-Danube Region, Slavic Eurasian Studies No.29 (Slavic-Eurasian Research Center, 2015, 編著)


2014年業績
2.その他業績(論文形式)
  (5)その他 ▼世界動かす1・11パリの精神『北海道新聞』(2015.1.23)  ▼(インタビュー記事)家田修スラブ・ユーラシア研究センター長『U7』60:10-19 (2015.3)

 

3.著書

 ▼『なぜ日本の災 害復興は進まないのか:ハンガリー赤泥流出事故の復興政策に学ぶ』255(現代人文社 , 2014) 

4.その 他業績(冊子)

▼(監修)『飯舘村綿津見神社例大祭』34(SRC, 2014)

5.学会報告・学術講演

 ▼ Radioactive Risk Communication or Civil Protection in a case of Fukushima Daiichi Disaster, IV. Terrestrial Radionuclides in Environment, International Conference on Environmental Protection, Institute of Radiochemistry and Radioecology, University of Pannonia, Veszprém, Hungary (2014.5.23) ▼ Radioactive Exposure: Alternative comparison of Fukushima and Chernobyl’, IX. Japanese-Thai Seminar, SRC (2014.7.13) ▼ Slovaks in Hungary: Is the Future Really Pessimistic? What Does the Census Say in 2001 and 2011?, International Workshop on Transboundary Symbiosis over the Danube: EU Integration between Slovakia and Hungary from a Local Border Perspective (Part II), Selye University, Slovakia (2014.9.11)


2013年業績
1.学術論文 
▼ From Monologue to Trialogue among Party, Academy, and Society: The Gabcikovo-Nagymaros Dam Issue in Socialist Hungary in the 1980s (Osamu Ieda, ed., Transboundary Symbiosis over the Danube: EU integration between Slovakia and Hungary from a local border perspective [Slavic Eurasian Studies No. 27], 103-125, SRC, 2014)  ▼福島、チェルノブイリ、アイカを地域とグローバルな 視点から考える『地域研究』14(1)62-83 (2014)
2.その他業績(論文形式)
(1)総説・解説・評論等  ▼突発的な大規模環境汚染事故への国境を超えた社会防災的対応:ハンガリー赤泥流出事故のフィール ド調査を基にした防災社会システムモデル構築『村田学術振興財団年報』27:634-642 (2013) (4)翻訳  ▼(監訳)オルガ I. ティムチェンコ著『電離放射線と健康:いま誰もが知っておくべきこと』[スラブ・ ユーラシア研究報告集 別冊]100(スラブ研究センター , 2013)  ▼(渡邊昭子他と共訳)ニーデルハウ ゼル著『総覧 東欧ロシア史学史』712(北海道大学出版会 , 2013)
3.著書

▼(編著)Transboundary Symbiosis over the Danube: EU integration between Slovakia and Hungary from a local border perspective [Slavic Eurasian Studies No. 27], 135 (SRC, 2014)

5.学会報告・学術講演

▼ From Monologue to Trialogue among 15 No. 138 August 2014 Party, Academy, and Society: Gabcikovo-Nagymaros Dam Issue in the Socialist Hungary in the 1980s, 5th East Asian Conference on Slavic Eurasian Studies, 大阪経済法科大学(2013.8.10)  ▼ A japán magyarságkutatás eredményei, Ballasi Institute, Budapest (2013.8.26)  ▼アイカ赤泥流出事故 , ハンガ リー学会 , 大阪大学(2013.12.8)


2012年業績
1.学術論文 
 ▼Introduction for Challenge for New Management beyond the Boundaries;
Matrix of Scale and Scheme in Transboundary Environmental Policy (M. Taniguchi & T. Shiraiwa, eds., The Dilemma of Boundaries: Toward a New Concept of Catchment [Global Environmental Studies], 193-197, Springer)
2.その他業績(論文形式)
¶ 2 その他業績(論文形式) (5)その他 ▼オックスフォード大ロシア・ユーラシア研究
センターの今と ITP プログラムセミナーの開催『スラブ研究センターニュース』128:20-22 
5.学会報告・学術講演

 ▼ Academia, Politics, and Civic Participation on the Gabcikovo-Nagymaros Issue in the
1980s’ Hungary, International Workshop of Transboundary Symbiosis over the Danube: EU Integration between Slovakia and Hungary from a Local Perspective, Selye University, Komarno, Slovakia (2012.9.12) ▼討論者:シンポジウム「原発震災被災地復興の条件: ローカルな声」, 法政大学(2012.10.20) ▼司会: 地域研究コンソーシアムシンポジウム「地域研究と自然科学との協働:広域アジアの地域研究を例に」, 北海道大学(2012.11.3) ▼大規模環境汚染事故と行政の対応:ハンガリーの事例から, 福島シンポジウ ム「福島原発事故が飯舘村にもたらしたもの:村民、支援者、ジャーナリスト、研究者の視点から」(飯 舘村放射能エコロジー研究会主催), 福島青少年会館(2012.11.18) ▼ Mélységi védelem Defence in Depth, Eotvos Lorand University (2013.3.26)


2011年業績
2.その他業績(論文形式) 
(2)研究ノート等 ▼ハンガリー産業廃棄物流出事故に見る東 欧とEU の境界『境界研究』2:149-172 ▼地域間比較でみた中東の政変『地域研究』12(1):39-44 ▼ニーデルハウゼル・エミル先生と日本の東欧研究者『東欧史研究』34:41-46 ▼境域の北ユーラシア:自然改 造から広域環境政策、そして環境リテラシーへ『シーダー』6:3-5, 及び特集の企画編集 (5)その他 ▼ ハンガリー赤泥流出事故の背景と教訓『ドナウの四季』9:2-3


2010年業績
1.学術論文
▼ Integrated Environmental Policy from a Regional Perspective in Slavic Eurasia, “Forum on Public Policy,“ A Journal of the Oxford Round Table, 3
4 その他業績(著書形式)
(1)総説・解説・評 論等▼(事典項目)経済体制の変革と環境:ソ連東欧の近代と自然改造(『地球環境学事典』508-509, 弘文堂)

2008年業績
1.学術論文
▼中域圏:地球化時代 の新しい地域研究(家田修編『講座スラブ・ユーラシア学1 開かれた地域研究へ:中域圏と地球化』 27-63, 講談社)
2.その他業績(論文形式)
(1)総説・解説・評 論等
▼序文 スラブ・ユーラシア学とは何か(家田修編『講座スラブ・ユーラシア学1 開かれた地域研究へ:中域圏と地球化』 11-23,講談社)
▼スラブ・ユーラシア学の構築『アジア経済』49(9):45-54
3.著書
▼(編著)『講座スラ ブ・ユーラシア学1 開かれた地域研究へ:中域圏と地球化』278(講談社)
5.学会報告・学術講演
▼Trans-national Nation Building in Post-communist Eastern Europe: Minority Protection, Anti State Sovereignty, New European Citizenship, or Something Else, Oxford Roundtable “History and International Politics: Nations and Empires,” Pembroke College, Oxford (2008.8.12)

2006年業績
1.著作
  (3) 編著 ▼ 21st Century COE Program Slavic Eurasian Studies No. 9, Beyond Sovereignty: From Status Law to Transnational Citizenship?, xiv+412 (SRC, Sapporo, 2006)
 ▼ (宇山智彦との共編) 21st Century COE Program Slavic Eurasian Studies No. 10, Reconstruction and Interaction of Slavic Eurasia and Its Neighboring Worlds, vi+372 (SRC, Sapporo, 2006) 
2.学術論文
  (1) 単著 ▼ Ideological Background of the Amendment Status Law Controversy in Hungary (IEDA Osamu, ed., 21st Century COE Program Slavic Eurasian Studies No. 9, Beyond Sovereignty: From Status Law to Transnational Citizenship?, 185-213, SRC, Sapporo, 2006)
 ▼ East European Regional Identity: Vanishing Away and Recreated (IEDA Osamu & UYAMA Tomohiko, eds., 21st Century COE Program Slavic Eurasian Studies No. 10, Reconstruction and Interaction of Slavic Eurasia and Its Neighboring Worlds, 61-73, SRC, Sapporo, 2006) 
3.その他の業績
  (4) その他 ▼回顧と展望: ヨーロッパ現代一般『史学雑誌』115(5):364-366 (2006) 
4.学会報告
  (2) 共通論題 ▼ Changing Regions in Post-communist Slavic Eurasian Studies: Meso-mega Area Dynamics, Institute of Slavic Studies, RAS, Moscow (2006.6.6); Kenan Institute, Woodrow Wilson International Centre, Washington DC. (2006.11.15); Post-Communist Politics and Economics Workshop, Davis Centre, Harvard University, Cambridge (2006.11.20)


2005年業績
1.著作 
  (3)編著  ▼Where Are Slavic Eurasian Studies Headed in the 21st Century? [21世紀COEプログラム「スラブ・ユーラシア学の構築」研究報告集7] 75 (スラブ研究センター, 札幌, 2005) 
2.学術論文
  (1)単 著  ▼Regional Identities and Meso-Mega Area Dynamics in Slavic Eurasia: Focused on Eastern Europe (21st Century COE Program Slavic Eurasian Studies No. 7, Emerging Meso-Areas in the Former Socialist Countries: Histories Revived or Improvised?, 19-41, SRC, Sapporo, 2005)(同タイトルで次の雑誌に転載:Central European Political Science Review, 5(1):6-26, Budapest, 2005)
 ▼The Hungarian Status Law and Slovak Acceptance (A. Duleba & T. Hayashi, eds., Regional Integration in the East and West: Challenges and Responses, 93-105, SFAS/SRC, Bratislava/Sapporo, 2005)
4.学会報告
  (2)共 通論題 ▼Meso-Mega Area Dynamics in Slavic Eurasia: A Conceptual Approach to the Changing Post-communist Countries, AAASS年次大会, Salt Lake City (2005.11.5)
 ▼セッション7: 領域の国民化と国民の領域化, スラブ研究センター2005年度冬期国際シンポジウム「中・東欧の地域:過去と現在」, 札幌 (2005.12.16) におけるコメンテータ (3)シンポジウム・パネル・ディスカッション
 ▼Session 3: Roundtable, Russian Studies Dialogue: A Korea-Japan Perspective, Sapporo (2005.5.16) におけるパネリスト
 ▼Emerging East European Meso-area in Post-communist Slavic Eurasia, ICCEES (International Council for Central and East European Studies) 世界大会, Berlin (2005.7.28) におけるコメンテータ
  (5)自由論題 ▼Meso-area Dynamics and Regional Identities: A New Approach to Slavic Eurasian Studies, AAASS年次大会, Salt Lake City (2005.11.6)


2004年業績
1.著作 
  (3)編著 ▼ (Kántor, Majtényi, Vizi, Halász との共編) 21st Century COE Program Slavic Eurasian Studies No. 4, The Hungarian Status Law: Nation Building and/or Minority Protection, x+627 (SRC, Sapporo, 2004) 
2.学術論文
  (1)単著 ▼ハンガ リーにおける新国民形成と地位法の制定 『スラヴ研究』 51: 157-207 (2004)
 ▼Post-communist Nation Building and the Status Law Syndrome in Hungary (21st Century COE Program Slavic Eurasian Studies No. 4, The Hungarian Status Law: Nation Building and/or Minority Protection, 3-57, SRC, Sapporo, 2004)
 ▼移行経済と社会形成:2001年ハンガリー地位法を事例として『比較経済体制研究』42(1):1-13 (2004) 
3.その他の業績
  (2)書評  ▼Akira Nozaki and Chris Bakerm, eds., Village Communities, States, and Traders: Essays in Honour of Chatthip Nartsupha (Bangkok, 2002)『社会経済史学』69(5):101-103 (2003前年のもれ) 
4.学会報告
  (2)共通論題 ▼ セッション1:(基調報告) スラブ・ユーラシアにおける地域アイデンティティと中域圏・広域圏力学:東ヨーロッパを中心に, スラブ研究センター2003年度冬期シンポジウム「旧 社会主義諸国に出現しつつある中域圏:歴史は甦りつつあるのか、それとも創作されているのか」, 札幌 (2004.1.28-31)
 ▼The Hungarian Status Law and Slovakian Acceptance, Bratislava International Conference on Regional Integration in the East and West: Challenges and Responses, Bratislava (2004.9.16-18)
 ▼(総括討論) Konferencia értékelésé, Budapest Conference on Folyamatok a Változásban, Teleki László Institute, Budapest (2004.10.1)
 ▼セッション4:Ideological Background of the Status Law Controversy in Hungary, ブダペスト国際シンポジウム「地位法症候群:ポスト共産主義の国民形成、あるいはポスト近代の市民権」, ブダペスト (2004.10.14-16)
 ▼セッション5:東欧における地域意識:再建それとも喪失, スラブ研究センター2004年度冬期シンポジウム「スラブ・ユーラシアと隣接世界の再編」, 札幌 (2004.12.8-10)


2003年業績
3.その他の業績
  (2)書評 ▼百済勇 『EU東方拡大とドイツ経済圏』『比較経済体制学会年報』40 (2):56-58(2003) 
4.学会報告
  (2)共通論題 ▼移 行経済と社会形成、比較経済体制学会2003年度大会「歴史的視野から見た現代移行経済」東京(2003.6.6-7)
  (3)シンポジウム ▼第6セッション:南東欧における体制転換、中・東欧=日本21世紀フォーラム「中・東欧の民主政と市場経済:新制度は定 着するの か?」、札幌(2003.9.3-5)におけるコメンテータ
 ▼千葉大学・21世紀COE「スラブ・ユーラシア学の構築」共催国際シンポジウム "The Significance of Historical Legacies of Socialism in Eastern Europe in the Age of Globalization"(2003.12.12-13)におけるコメンテータ
6.外部資金の受入
▼学術振興会21世紀 COE「スラブ・ユーラシア学の構築:中域圏と地球化」(2003-07年度)


2002年業績
1.著作
  (3) 編著 ▼ Transformation and Diversification of Rural Societies in Eastern Europe and Russia, ix+344 (SRC, Sapporo, 2002)
2.学術論文
  (1) 単著 ▼ The Re-transformation of Cooperative Farming and Rural Society in Hungary: Dual Leadership of Integration in Agricultural Production (IEDA Osamu, ed., Transformation and Diversification of Rural Societies in Eastern Europe and Russia, 193-245, SRC, Sapporo, 2002)
3.その他の業績
  (4) その他 ▼ (事典項目) ハンガリー, ヴェネチア委員会 19 号裁定等 (『世界民族問題事典』 [改訂版] 平凡社, 2002)
 ▼ COE 在外研究報告: オックスフォード大学セント・アントニー校滞在記  (1)  (2) 『スラブ研究センターニュース』 90:9-15 (2002.7); 91:12-17 (2002.10)
 ▼ 学会短信: ハンガリー社会史学会 『スラブ研究センターニュース』 91:17-20 (2002.10)
4.学会報告
  (5) 自由論題 ▼ "Rural Transformation in Post-communist Hungary, Centre for Central and East European Studies, the University of Liverpool" (2002.1)
 ▼ "Hungarian Studies in Japan: What Has Motivated the Japanese to Study Hungary?," Oxford Hungarian Society, the University of Oxford (2002.4)
 ▼ "Agriculture in Transition: The Hungarian Case," Centre for Russian and East European Studies, the University of Birmingham (2002.5)
 ▼ "Dual Leadership in Rural Transformation of Post-communist Hungary," St Antony's College, the University of Oxford (2002.6)
 ▼ "International Comparison on Leadership for Economic Development: With Special Attention to Its Religious Ethics," 10th Thai-Japanese Seminar, ChaingMai (2002.12)


2001年業績
1.著作 
  (3) 編著 ▼『東欧ロシア地域における農村経済構造の変容』 [スラブ研究センター研究報告シリーズ 79] 127 (スラブ研究センター, 札幌, 2001)
 ▼ The New Structure of the Rural Economy of Post-communist Countries, 159 (SRC, Sapporo, 2001)
2.学術論文 
  (1) 単著 ▼ 改革後のルーマニアにおける農家経営: コヴァスナ県の事例調査をもとに (『東欧ロシア地域における農村経済構造の変容』 [スラブ研究センター研究報告シリーズ 79] 23-62, スラブ研究センター, 札幌, 2001)
 ▼ The Rural Cooperatives and Members' Liability in a Historical Perspective: the Hungarian Case (IEDA Osamu, ed., The New Structure of the Rural Economy of Post-communist Countries, 1-14, SRC, Sapporo, 2001)
3.その他の業績 
  (4) その他 ▼ ハンガリー農村社会学事情; 農民なき農村社会学 『スラブ研究センターニュース』 84:12-14 (2001.1)
 ▼ 「ハンガリー (増補)」 「アンタル」 以下主要政治家7項目 (『東欧を知る事典』 (改訂版) 798-799, 818-831, 平凡社, 2001)  
4.学会報告 
  (2) 共通論題 ▼ セッション 3: 農業協同組合の再々編とハンガリー農村社会: 農業生産の集中化における二重の指導性, 2001 年度スラブ研究センター夏期国際シンポジウム 「東欧ロシア農村社会の変容と多様化」, 札幌 (2001.7.11-14)
  (3) パネルなど ▼ 2001 年度スラブ研究センター夏期国際シンポジウム 「東欧ロシア農村社 会の変容と多様化」, 札幌 (2001.7.11-14) の企画運営


2000年業績
1.著作
  (3) 編著 ▼The Emerging Local Governments in Eastern Europe and Russia, Historical and Post-Communist Developments, 409 (Hiroshima, 2000) 
2.学術論文
  (1) 単著 ▼Introduction to Emerging Local Governments in Eastern Europe and Russia, Historical and Post-Communist Developments (Osamu Ieda, ed., The Emerging Local Governments in Eastern Europe and Russia, 3-24, Hiroshima, 2000)
 ▼Local Government in Hungary (Osamu Ieda, ed., The Emerging Local Governments in Eastern Europe and Russia, 85-129, Hiroshima, 2000) 
3.その他の業績
  (4) その他 ▼Szentkorna Belulrol Kivulrol [内と外の視点から見た聖王冠について], Heti vilag gazdasag [週間世界経済] (Budapest) :5 (2000.5.6)
 ▼「ハンガリー」の項目 (『世界対日関係事典』234-235,平凡社,2000) 
4.学会報告等
  (2) 共通論題 ▼"Rural Cooperatives and Members' Liability in a Historical Perspective,"New Structure of Rural Economy in the Post-Communist Countries, Institution of Agricultural Economy of the Czech Republic (2000.10.28)
 ▼"estoration of St. Istvan's Crown: Where is the Orban Government of Hungary Headed?,"A New Dialogue Between Central Europe and Japan (The Third Conference at Prague): A Tension Between Continuity and Change, Charles University, The Czech Republic (2000.7.27)


1999年業績
3.その他の業績
  (2)書評 ▼戸谷浩 『ハンガリーの市場町』,『社会経済史学』,65(4):99-101(1999)(4)その他
 ▼冷戦の時代(南塚信 吾編:『ドナウ・ヨーロッパ史』,347-383,山川出版,1999)
 ▼ウクライナ・ザカルパッチャ州現地調査から『ス ラブ研究セン ターニュース』, 79:14-24(1999.11)
4.学会報告
  (2)共 通論題 ▼第6-2セッション「東欧社会史の新世代」,1998年度スラブ研究センター冬期シン ポジウム「スラブ・ユーラシア研究の新地平」,札幌 (1999.1.28-29)におけるコメンテーター


1998年業績
1.著作 
  (3)編著  ▼Political Elites in Veszprem County, Hungary (Occasional Papers on Changes in the Slavic-Eurasian World, No.17): 245 (Sapporo, 1998)
 ▼Public Opinion on Local Elites in the Emerging Slavic-Eurasian World - Questionnaire Surveys from Russia, Hungary, Bulgaria and Romania - (Occasional Papers on Changes in the Slavic-Eurasian World, No.58): 73(Sapporo, 1998)
 ▼Local Elites and Politics in the Emerging Slavic-Eurasian World - Questionnaire Surveys in Hungary - (Occasional Papers on Changes in the Slavic-Eurasian World, No.59): 165(Sapporo, 1998) 
2.学術論文 
  (1)単 著 ▼「東欧・ロシアにおける地方社会の自画像-政治社会学的住民世論調査に基づいて-」(『スラブ・ユーラシアの変動 ―自存と共存の条件』平成9年度重点領域研究公開シンポジウム報告集、3-13、北海道大学スラブ研究センター、札幌)(1998)
 ▼「ハンガリーと EU加盟-社会統合の視点から」『東中欧地域国際関係の変動』(「スラブ・ユーラシアの変動」領域研究報告輯62:79-99、北海道大学スラブ研究セン ター)(1998)
 ▼「中欧自由貿易協定とスロヴァキア・チェコ経済の現状-中小企業現地調査を基にして-」『東中欧地域国際関係の変動』(「スラブ・ ユーラシアの変動」領域研究報告輯62:101-112、北海道大学スラブ研究センター)(1998)
 ▼「ハンザとハンジャ-ハンガリーによる南スロ ヴァキア併合と協同組合の統合-」『東欧史研究』20:86-106(1998)


1997年業績
1.編著
 ▼Public Opinion on Local Elites in the Emerging Slavic-Eurasian World: Questionnaire Surveys in Russia, Hungary and Bulgaria, Occasional Papers on Changes in the Slavic-Eurasian World 24(97.3)115
 ▼ロシア・東欧における地方制度と社会文化に関する序論的考察『ロシア・東欧における地方制度と社会文化』「スラブ・ユーラシア の変動」領域研究報告輯25(97.6)1-11
 ▼Political Elites in Veszprem County, Hungary, Occasional Papers on Changes in the Slavic-Eurasian World 17(98.3)245


1996年業績
1.編著
 ▼ Socio-Economic Dimensions of the Changes in the Slavic-Eurasian World(Slavic Research Center)(96.3)414
2.論文
 ▼「ハン ガ リーの大統領と政府」伊東孝之編『東欧の大統領と政府』日本国際問題研究所(96)85-103


1995年業績
1.共編
 ▼ (和 田春樹、松里公孝と)『講座スラブの世界3 スラブの歴史』 弘文堂(95.7)392
2.共著
 ▼ 「東 欧社会経済史」和田春樹、家田修、松里公孝編『講座スラブの 世界3 スラブの歴史』弘文堂(95)188-210 
3.論文
 ▼ 変動 後のハンガリーにおける地方制度と地方選挙『ロシア・東欧における地方統治の現状』(「スラブ・ユーラシアの変動」領域研究報告輯)1 (95.7)3-30
 ▼ 政治変動後のハンガリーにおける農業協同組合:理念と現実『協同組合奨励研究報告』20(95)131-155
 ▼ 「ハンガリー の議会と政党」伊東孝之編『東欧政治ハンドブック』日本国際問題研究所(95)107-143 
4.翻訳
 ▼ ニー デルハウゼル・エミール「東欧史におけるハプスブルク」和田春樹、家田修、松里公孝編『講座スラブの世界3 スラブの歴史』弘文堂(95) 159-187  
6.その他
 ▼ 東 欧とは何か『地域からの東欧史』(社)北海道開発問題研究調査会(95.11)6-24

▲ PAGE TOP