CONTENTS

スタッフ紹介

・ 学振特別研究員               
 
                      

Anastasia Fedorova
(アナスタシア フィオードロワ )

「戦後」の東アジアにおけるリアリズム映画の比較研究
略 歴 1987年生まれ。2009年同志社大学法学部卒業、2011年京都大学大学院人間・環境学研究科修士課程修了、2011~2014年日本学術振興会特別研究員(DC1)、 2014年京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了(博士(人間・環境学)取得)、同年日本学術振興会特別研究員(PD)。
論 文 ● Советские кино-экспедиции 1930-х глазами жителей большого Токио // Вестник ВГИК, № 4 (18), 2014. С. 21-28.
●「『アジアの嵐』 毛皮とイデオロギー」、三上貴教編『映画で学ぶ国際関係II』法律文化社、2013年、22頁―25頁。
● Отец японской документалистики Камэи Фумио и его советские учителя // Япония 2013. Ежегодник. 2013. С. 388-401.
● «Песня японского конюха» в исполнении русского тенора, или об одном не оправдавшем себя проекте // История и культура традиционной Японии 6 / отв. ред. выпуска А.Н.Мещеряков. М.: РГГУ; «Наталис», 2013. С. 467-486.
● Кащей Бессмертный, Булат Балагур и другие персонажи советского кинематографа в послевоенной Японии // История и культура традиционной Японии 5 / отв. ред. А. Н. Мещеряков. СПб.: Изд-во "Гиперион", 2012. C. 283-298.
●「「旅する」叙情詩人 ― 亀井文夫の紀行映画における自己言及性をめぐって」、査読制電子映画学術誌CineMagaziNet! (http://www.cmn.hs.h.kyoto-u.ac.jp)、No. 15 (Summer 2011)。
●「リアリズムとアヴァンギャルドの狭間で ― 亀井文夫監督の被爆者ドキュメンタリー『生きていてよかった』」、査読制電子映画学術誌CineMagaziNet! (http://www.cmn.hs.h.kyoto-u.ac.jp)、No. 14 (Summer 2010)。


  

ページの先頭へ