CONTENTS

Eurasia Border Review

 The Eurasia Border Review (hereinafter referred to as “EBR”) is a peer-reviewed, semi-annually published periodical of the Global Center of Excellence Program “Reshaping Japan’s Border Studies” at the Slavic Research Center, Hokkaido University. The EBR is committed to publish in-depth scholarly research for a diverse audience of scholars, practitioners and policy decision-makers and welcomes original manuscript submissions from all social sciences and humanities disciplines that focus on border or borderland issues in the wider Eurasian region. In order to assure the publication of original works, authors are kindly asked not to submit manuscripts that are currently under review for other journals.


  ユーラシア・ボーダー・レビューは、日本を含むユーラシア地域研究の統合を目的として、 グローバルCOEプログラム「境界研究の拠点形成」が編集・発行する雑誌である。ヨーロッパ、北米を中心として、 国際的には優れた境界研究雑誌がいくつかあるものの、アジアや旧ソ連の境界を扱う総合的な雑誌はなかった。 ロシアやインド、中国には確かに境界事象をカバーする研究所、雑誌が存在するが、 一国内・地域内の個別的な事象研究にとどまっており、地域を越えたダイナミズムに欠けている。 一方で、日本では今日、隣国との国境問題に対する関心が高まっているが、境界問題のための如何なる研究部門・組織も立ち上げられてこなかった。 グローバル化する国際社会では境界の意味の再考・再検討の機運が高まっており、ブレイクスルーの必要性が生じている。 ユーラシア・ボーダー・レビュー発行の意義と課題は、このような現実に応えることにある。

   
Volume 6 No.1 Eurasia Border Review Fall 2015
Volume 5 No. 2 Eurasia Border Review Fall 2014
Volume 5 No. 1
Eurasia Border Review Spring 2014
Volume 4 No. 2
Eurasia Border Review Fall 2013
Volume 4 No. 1
Eurasia Border Review Spring 2013
Volume 3 No. 2
Eurasia Border Review Fall 2012
Volume 3 Spcial Issue China's Post-Revolutionary Borders, 1940s-1960s Summer 2012
Volume 3 No. 1
Eurasia Border Review Spring 2012
Volume 2 No. 1
Eurasia Border Review Summer 2011
Volume 1 No. 1
Eurasia Border Review Spring 2010

ページの先頭へ