「中東欧とラテンアメリカのいまを比較する」第2回研究会(終了)

「中東欧とラテンアメリカのいまを比較する」第2回研究会

日時:3月20日金曜(春分の日) 13:00開始
場所:京都大学地域研究統合情報センター(稲盛財団記念館内) 3階中会議室
 アクセスマップはこちら

テーマ:「中東欧およびラテンアメリカにおけるエスノポリティクス」(仮)
報告者および報告タイトル
第1セッション ラテンアメリカにおけるエスノポリティクス
 藤田護(東京大学・院)「 2000年代におけるボリビアの先住民運動と政治アジェンダの変化」(仮)
 新木秀和(神奈川大学)「中央アンデス諸国の民主化と先住民運動:エクアドルを中心に」(仮)
第2セッション 旧ユーゴスラヴィアにおけるエスノポリティクス
 月村太郎(同志社大学)「民族紛争をどう管理するか:旧ユーゴの諸事例を中心に」
 久保慶一(早稲田大学)「旧ユーゴ諸国における少数民族の政治参加:政党政治を中心に」

☆会場準備のため、参加を希望される方は3月10日まで に、村上もしくは仙石まで連絡をお願いします。

<研究会に関する連絡先>
村上 勇介(京都大学地域研究統合情報センター)  ymurakam (AT)cias.kyoto-u.ac.jp
仙石 学(西南学院大学法学部)  sengoku (AT) seinan-gu.ac.jp
 ※上記メールアドレスの(AT)は@に置き換えてください


研究会ホームページへ戻る
Copyright (C) 2010- by Manabu SENGOKU. All Rights Reserved