HMBおすすめランキング【効果と安全性】

最新の医学的見地からHMBサプリの効果を比較。ステマではない、客観性を重視したおすすめランキングです。おすすめの飲むタイミングや摂取量も解説します。

おすすめHMBランキング1位

HMB

HMBサプリを飲むタイミングは筋トレ前。効果が上がる飲み方。

2018-03-27

スポーツサプリメントには、効果が上がる飲むタイミングがあります。

プロテインの場合、筋トレ直後に飲むグループと筋トレ3時間後に飲むグループの比較実験では、筋トレ直後に飲んだグループの筋肉増加量が約50%も高い結果になっています。

HMBサプリも同様に、効果が上がる飲むタイミングが存在します。

また、タイミングだけでなく、飲む量や一緒に飲むべきサプリなどもあります。

正しいHMBサプリの飲み方を理解し、HMBの効果を無駄にしないようにしましょう。

HMBサプリを飲むタイミング

筋トレ前に飲む

HMBサプリの効果は「筋肉の合成促進」と「筋肉の分解抑制」に分けることができます。

どちらも、筋肉を発達させるうえでは重要な効果ですが、HMBが特に優れているのは、筋肉の分解抑制効果です。

厚生労働省にも認められており、サルコペニア(筋肉減弱現象)の予防にも使用されているこの効果は、筋トレ時に最もその効果を発揮できます。

そのため、HMBサプリは筋トレ前に摂取するのが一般的です。

HMBは体内への吸収スピードが早い特徴があるため、筋トレ開始の10分~20分前に摂取するといいでしょう。

ただし、筋トレ後45分間以内は「ゴールデンタイム」と呼ばれる、栄養の吸収が促進される時間帯です。

このタイミングに、筋肉の合成促進効果があるHMBを飲まないのは機会損失になります。

そのため、最もおすすめの飲むタイミングは、筋トレ前と筋トレ後の両方です。

1日の推奨摂取量を、筋トレ前後で6:4に分けて飲むといいでしょう。

推奨摂取量が5粒の場合は、筋トレ10分前に3粒、筋トレ後45分以内に2粒飲むのがおすすめです。

これにより、HMBの効果を最大限まで高めることができます。

HMBサプリを飲む量

1日3g以内

筋肉の合成促進と分解抑制効果があるHMBですが、飲む量が多いほど効果が上がるわけではありません。

むしろ、基準を超える大量摂取は、効果が低減する恐れがあります。

カンザス大学で行われた実験では「体重(kg)×38mgのHMBを摂取」したグループよりも「体重(kg)×76mgのHMBを摂取」のグループの方が、除脂肪体重が増加しなかったという結果になっています。

体重 HMB摂取量(×38mg) HMB摂取量(×76mg)
60kg 2,280mg 4,560mg
65kg 2,470mg 4,940mg
70kg 2,660mg 5,320mg
75kg 2,850mg 5,700mg
80kg 3,040mg 6,080mg

現在、日本で販売されているHMBサプリにおける、1日分の最大摂取量は2,500mgです。

上記のとおり、体重60kgの場合でも4,560mgと、効果低減量まではまだ余裕があります。

しかし、食事やプロテインから摂取できるHMB量も含めて考えると、HMBサプリから摂取するのは、多くても3,000mgまでに抑えるのがおすすめです。

HMBの摂取量が多すぎて、逆に効果が低減したのでは、本末転倒でしょう。

ちなみに、誤ってHMBを1日6,000mg摂取してしまっても、人体に悪影響はないことが、国際スポーツ栄養学会(ISSN)の調査で分かっています。

HMBサプリを飲むべき飲料

水で飲む

サプリメントや医薬品には、飲み合わせが悪い飲料が存在します。

例えば、高血圧治療のカルシウム拮抗薬をグレープフルーツジュースで飲むと、薬の代謝が阻害され、頭痛や眩暈などの副作用を引き起こす危険があります。

HMBサプリについては、現在のところ飲み合わせが悪い飲料は確認されていません。

ただし、HMBサプリに含まれるとの成分については、飲み合わせが悪い飲料が存在する可能性があります。

そのため、万が一のことを考えて、HMBサプリは水で飲むのがおすすめです。

特に、オレンジジュースやリンゴジュースなどの酸性飲料、コーヒーや紅茶などのカフェイン飲料は、成分を変性させる恐れがあります。

実際に、HMBサプリにも含まれていることが多いクレアチンは、コーヒーと一緒に摂取すると、効果が失われるという研究結果もあります。

トレーニングしない日の飲み方

朝、昼、夜の3回に分ける

筋トレ前後での摂取がおすすめのHMBですが、筋トレをしない日も飲むべきです。

私たちは日常生活の中で、知らないうちにかなりの筋肉を使用しています。

特に筋トレをした翌日は、筋肉痛の影響で、普段使用しない筋肉を無意識で多用する傾向があります。

そのため、筋肉を効果的に発達させるためには、トレーニングをしない日もHMBサプリを飲むのがおすすめです。

飲むタイミングは、朝、昼、夜の3回に分けるのが理想ですが、面倒であれば朝に1日分飲むだけでもいいでしょう。

これだけで、その日1日の筋肉の分解を、大きく抑制することができます。

おすすめのHMBサプリ

バルクアップHMBプロ

バルクアップHMB

販売 株式会社bonds
入数 150粒
1日の推奨粒数 5粒
定期価格 5,950円
HMB配合量 2,000mg
配合成分数 6種類
クレアチン 配合あり

株式会社bondsが販売する、顧客満足度No.1のHMBサプリです。(※楽天リサーチ調べ)

現役プロレスラーなど、プロアスリートにも多数の愛用者がいます。

業界トップクラスの2,000mgのHMBに、「クレアチン」「BCAA」「グルタミン」「クラチャイダム」「ビタミンB2」という5種の成分が配合されています。

ビタミンB2の影響により、タブレットが少し黄色くなっています。

最大の特徴は、国産HMB原料を使用し、GMP認定を受けている国内工場で生産されている純国産のHMBサプリでありながら、1日あたり200円を下回る、圧倒的なコストパフォーマンスの高さです。

HMB1mgあたりの値段は、他のHMBサプリとは比較にならないほど安いです。

また、専門家による筋トレのアドバイスを受けることができるなど、購入後のサポートが充実している点も魅力です。

効果を実感できない場合は、90日間という長い全額返金保証期間まであります。

品質、価格、信頼性、全てにおいてハイクオリティなHMBサプリです。

HMBを初めて飲む方は、こちらを選べば間違いありません。

キレマッスルHMB

HMBおすすめランキング3位

販売 エイベックス・グループ
入数 180粒
1日の推奨粒数 6粒
定期価格 6,980円
HMB配合量 1,800mg
配合成分数 24種類
クレアチン 配合あり

日本の大手音楽プロダクション「avex(エイベックス)」が開発したHMBサプリです。

ボディビルダーやフィジーク選手にも、多数愛用者がいます。

数あるHMBサプリの中でも豊富な、24種類という充実した配合成分数を誇ります。

中でも、NO系のアルギニン、シトルリン、オルニチンが配合されている点は注目です。

NO系は血管を広げてパンプアップを活性化する効果が期待できるため、筋肥大を目指す人には特におすすめです。

また、もともと所属タレントの美容向けに開発された商品なので、コラーゲンペプチドなどの美容成分まで配合されています。

HMBの配合量も1,800mgと多めで、クレアチンもしっかりと配合されており、筋肉サプリとしての成分バランスも非常に優秀です。

現時点において、完成度No.1のオールインワンサプリといえます。

少し値段は高いですが、最高のHMBサプリを求めている方は、こちらを選ぶといいでしょう。

CATEGORIES & TAGS

HMB,

Author:

サプリメントの分析、比較を生業とする、某国立大学関係者。